借金野郎

借金野郎

私は初心者だったのですが、海外に住んでいたことがあるので、外貨に関してはちょっとわかるかもしれない、という思いで、FXに手を出してしまいました。周りの友達は皆、反対したのですが、儲かりそうな気がしてFXに投資したのです。
最初の頃は利益が上がって、こんなに楽にお金儲けができるなんていいな、と思っていました。
ところが、パソコンのOSをマックにウィンドーズをインストールしている作業の間に急激な円高になってしまい、ストップロスの設定をしていなかったので、ロスカットにあってしまいました。
私は初心者だったので、すぐにどうにかしないといけないと思って、カードローンでお金を借りました。全部で70万円を借りました。借金をしたのは生まれて初めてのことでしたが、どうしてもFXでの損失を取り戻したかったのです。
しかし、FXは円高がさらに進んで、投資した70万円もすっかりなくなってしまいました。
それで、資産がゼロになってしまって、70万円の借金だけが残りました。
そこで、私は自分の作品を売ることにしました。たまたま自分の作品を載せていたウェブサイトを見た人たちが作品を買いたいと言ってくれて、それで70万円の借金を返済しました。

続きを読む≫ 2016/08/06 16:31:06

うちの子供が車で事故を起こしました。
車両はしっかりと保険で直したのですがそれから会社をやめていたので収入がゼロになり、親がローンを払うことになりました。
それで生活費が足りなくて50万くらいカードローンを借りました。思ったより利子が多くてびっくりしました。
なのでもしも借金をする場合は、できるだけ短期のほうがいいです。そのためにもしっかりと日ごろから貯金が必要です。
貯金がないとぎりぎりの生活になり、心も明るくなれません。
病気になっても入院費の心配をするようになります。
子供が学校に行っている場合は思うように授業料が払えないこともあります。
しかしなかなか今の時代貯金は難しいですね。
毎日の健康に気を付けて過ごすことが大事です。
家も高額でローンを組むのは考えたほうがいいと思いました。
運よくうちは順調な会社員生活ができていましたがこれからの若い人は、一生会社にいるとは限りません。
仕事面でも何か資格をとって準備しておく必要はあると思います。
もちろん体力があれば仕事はできます。
私も少しずつ貯金をしています。
子供も就職して安い給料ですが頑張っています。
借金をすると平凡な暮らしのありがたさがわかりますね。

車の保険にははいっておいてよかったです。

続きを読む≫ 2016/07/06 13:58:06

お金に困った時に一度だけだからと思い、借金すると言う方は多いです。
しかしお金に困って借金している経済事情なので返済ができなくなる事がありました。
返済するために他社でお金を借りるようになり、そのうち多重債務に陥ってしまうと言う方が見られますが、そんな時でも自己破産と言う解決方法があります。
自己破産であれば全ての借金返済から解放されると言うのが一番のメリットです。
裁判所に支払い不能な状態である、免責不許可事由には該当していないと判断されると自己破産が認められます。
自己破産が認められれば残債の支払いに悩まされる事はありませんが、その代わりにマイホームは差し押さえされてしまいます。
その他にも99万円を超える現金や20万円を超える預貯金など失う財産が多くなっています。
しかし自己破産が必要な状態の方はあまり財産を持っていない事が多いです。
お給料など必要最小限の財産はそのまま残されるのです。
しかし一度目の自己破産から二度目の自己破産までは7年間は必要です。
安易に自己破産すると後で大変になるので専門家である弁護士または司法書士にご相談し、良く検討した上で自己破産するかどうか決めて下さい。
専門家に自己破産を依頼すると費用がかかりますが分割払いができる事が多いです。

続きを読む≫ 2016/06/07 17:25:07

買い物依存による借金は、ストレスが原因になっています。
この場合、無理に購入したいという気持ちを抑えつけてしまうと、イライラしたり気分の落ち込みに悩まされるようになってしまうのです。心に負担がかからないように借金を解消したいときには、専門家に相談してみるとよいです。
借金をしてしまう心の動きは、専門のカウンセラーに話してみることで改善することが可能になってきます。例えば、人とうまく接することができない方は、交友関係がほとんどない状態になってくるため、寂しさによりものを購入しやすくなってきます。交友関係の問題を抱えている人は、カウンセラーに話を聞いてもらうことで、寂しさを解消しやすくなるのです。
カウンセラーは友人ではありませんが、話を聞いてもらったり会話を交わすことで、コミュニケーションの取り方を学んでいけるようになってきます。話ができるスキルを身に着けることができれば、人とも交友していけるようになり、寂しさからの借金もしなくなってきます。
買い物依存性になっている人は、一人で借金の問題を解決することはできないので、カウンセラーに話を聞いてもらうとよいです。相性の良いカウンセラーと出会うことができれば、借金もなくなります。

続きを読む≫ 2016/04/21 14:47:21

借金ほど恐ろしいものはありません。借金をする側もされる側(お金を貸す側)も何らかのダメージを受けるのが通常です。それが親戚であったりするとなおさらです。
通常、親や子ども、親戚には比較的簡単に借金の申し込みをすることができます。ですが、返済のできない借金を申し込むと大変なことになります。借金をする側もされる側も気をつける必要があります。借金をする際に最低限気をつけることは、必ず返せる金額を借りる、ということ、返済方法や返済期限を明確にして借金をすることです。
また、借金をされる側は相手がきちんと返済できるかどうかを見極めてお金を貸すべきです。相手がどれほど本気でお金を借りようとしているのか最低限自己防衛のためにきちんと明確にするべきです。お金は必ず返します、としか言わないような人は返せるかどうか怪しいものです。きちんと、いつ、どのような形で返済するのか、ということをきっちりと聞き出す必要があります。返済の期間は長くてもきちんと返済の方法を提示できる人はまだ安心できます。
ただ、お金を貸したら戻ってこないということもきちんと念頭においておきましょう。なぜなら、切羽詰ってお金を借りるような人は大抵、他の場所からお金を借りられないから借りに来るのです。大事な親戚関係を壊さないためにも、お金を貸す際には十分に気をつけて貸しましょう。

続きを読む≫ 2016/03/25 11:57:25

自営業をしており、儲けが少なく、しかし支払わなければならないお金があったので借金をしてしまいました。今は無人のATMなどでお金を簡単に借りることができます。
私も最初は五万くらいだけ借りて返済していたのですが、わざわざATMに足を運ぶのに五万だけ借りるっていうのもアホくさいな、どうせ何度もいくんだしと思ってしまい、そんなんだったらまとめてお金を借りたらいいじゃないか、とまとめてお金を借りてしまったのが失敗の始まりでした。
お金はまとめて借りれるものの、一気に二十万くらい返済することは不可能ですので何回かに分けて返済をするのですが、返済に金利がかかりますし、その都度銀行振り込みの設定をしたり、時間をかけなければならなくなったのです。そして、数ヶ月先まで自分がお金を持っている可能性というのも少なく精神的な不安も抱えるようになりました。返済期日の辺りに自分の仕事がうまくいってなかったら、お金を返すことができないじゃないか、と我にかえったのです。しかもその不安が数ヶ月も続くのです。
私のように不定期な収入しかない仕事をしている人間にとって、数ヶ月先まで決まった金額を返済しなければならないというのは非常にきつく厳しいものがありました。
今はきちんと返済が終わり、もうお金を借りることもないと思いますが、あの経験は二度と味わいたくないです。

続きを読む≫ 2016/01/10 18:40:10

お金がない時に借りるところとして消費者金融を思い浮かべる方も少なくないでしょう。
消費者金融は銀行などのローンと比較すると簡単な手続きだけで手早くお金を借りられるのが特徴で安定した収入を得ている20歳以上69歳以下の方ですとどなたでも借り入れができます。申し込み方法も店舗や無人契約機などでも出来ますがインターネットからも申し込みが出来るようになり、近年ではこちらが主流化しています。返済方法も毎月決まった日までに一定額の返済をしなければいけないというルールはありますがその返済方法はATMから、口座引き落とし、銀行振り込みなどこちらも返済方法が多岐にわたっているのが特徴です。

 

一見すると便利な消費者金融ですが銀行などのローンと比べて金利が高いというデメリットがあります。お金を借りている期間が長期化すればするほど金利もどんどん膨らんでいき気が付いたら返済できない額になっている場合もあり得ます。
またメリットとして簡単な手続きで手早くお金を借りられる点が挙げられますがこのメリットが裏目に出てしまいどんどん借り入れを重ねてしまい気が付いたら借金が膨大な量になっていたという方も少なくありません。

 

消費者金融は使い方によっては強い味方になりますが使い方を考えなければ一転して負担にしかなりませんので計画的に利用することを心がけましょう。

続きを読む≫ 2015/11/15 17:02:15

生活苦で借金をするのとギャンブル依存で借金をするのとはどっちが罪深いのだろうかと考えたことがあります。私は学生時代にどうしても生活費が足りず、学生ローンでお金を借りたことがあります。そのときは、自分は本当にどうしようもない人間だとものすごく落ち込んだものですが、数年かかってやっとすべての借金を返済し終わったときは、久しぶりにぐっすり眠れたと感じたくらい、借金をしていることがストレスになっていました。
ところが数年後、実の父親がパチンコが原因で借金をしていたことがわかりました。父は無趣味な人ですが、パチンコだけは大好きなんですよね。父は私が大学を卒業するころ、20年勤めた会社からリストラされました。ようやく見つけた再就職先もすごく変な上司のいるところで、ひどくストレスが溜まっていた状態で、借金をしてでもパチンコをしていないと耐えられなかったんだろうと母は言っていました。実家は正直に言ってまったく貯蓄がありません。母と父はひどい喧嘩をしたそうですが、もう借金はしないということで落ち着いたようです。でもそれでも父はパチンコをやめることはなく、また数年後、借金をしていることが発覚しました。
私は父のことはとても好きです。でもギャンブルのために借金をするその気持ちはわかりません。でもストレスから逃げたくなる性質と、借金体質を受け継いでしまったのではないかと思うと、ものすごく怖くなることがあります。

続きを読む≫ 2015/09/19 15:59:19

会社が倒産して大きな債務を抱えてしまった、リストラにあってローンの返済ができなくなったなど借金に関する問題はどなたにでも振りかかる可能性があります。
こうした際、個人で解決することが難しくなった場合には債務整理を活用して債務を小さくしたり、消滅させることがベストな方法です。
例えば、こちらのサイトを運営している方は、債務整理をして400万円あった借金が270万円まで減額しております。→借金が払えないなら楽な方法を選びませんか?返済できないなら…
一口に債務整理と言っても任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4つの方法が存在しますが、主に任意整理と自己破産の2つが用いられやすいとされています。
任意整理は裁判所を介さず債務を整理する方法であり、司法書士または弁護士に依頼し、債権者と直接交渉することで債務の減額や返済期限の引き伸ばしが可能か話し合うことが一般的です。
自己破産は債務整理のなかでも最終手段と考えられているもので、自身の価値ある財産を放棄する代わりに債務の全額を帳消しにするというものになります。価値ある財産とは住宅や自動車、貴金属等が該当しますが、自己破産後の生活に最低限必要とされる生活用品等については放棄する必要はないため、生活ができなくなるといった心配はいりません。
こうした債務整理を活用すればヤミ金などに手を出さなくとも困窮した状態から脱することができるケースもありますので、悩んだ際には法律事務所や行政の開催する相談会等で相談してみましょう。

続きを読む≫ 2015/09/04 14:51:04

借金をすることによって、色々なことに対応することができます。
自営業を営んでいると、どうしても資金繰りに苦労してしまう場面も発生します。
そのときに借金をすることによって、資金繰りに苦労することもありませんし、会社のためにお金を使うことができます。
また、自営業だけでなくプライベートでも借金は活用することができます。
借金をすることによって、自身の生活費に充当することができるので、食事や住まいを豪華にすることができます。
欲しい商品が発売されたときにも購入するために借金すると便利ですし、海外旅行の費用を借金で手に入れる方法もあります。
多種多様な使い道がある借金ですが、利用するときには注意点もあります。
それは、借金が積み重なってしまうことがないようにすることです。
借金が積み重なってしまうと、返済することができなくなってしまいます。
返済することができなくなってしまうと、返済が遅延してしまうのでさらに借金が増えてしまいます。
借金が増えるだけではなく、返済の催促の連絡が増えるので、精神的にもプレッシャーがかかります。
借金が積み重なると、返済することができないので自己破産などをする必要がありますので、十分注意しましょう。

続きを読む≫ 2015/09/03 17:15:03

ホーム RSS購読 サイトマップ